ステータス

オリコカードのステータスは?使って恥ずかしくないカードなの?

「デートでカードを出したら彼女から”何そのカード見た事ないんだけど”と言われた」

「会社の後輩の飲み代をカードで払ってやったのに、それ以来バカにされている気がする」

「取引先の人の前で安っぽいカードを出したら軽く見られそう…」

こんな声を聞くと、それなりにステータスの高いカードを持たなければ!と思ってしまいますよね。

では、オリコカードのステータスは高いのでしょうか、低いのでしょうか?人前で使って恥ずかしくないカードなのか気になりますよね。

この記事では、オリコカードの中でも最もスタンダードな「オリコ ザ ポイント」のステータスについて詳しく解説していきます。

オリコカードに興味があるけれど、ステータスが気になる…というあなたは必見です!

オリコカードのステータスは高い?低い?

まずはじめに、オリコカードのステータスが高いのか低いのか実際のところをみていきましょう。

カードランクとしては低い

クレジットカードのステータスを判断する基準として一番明確なのは、カードランクです。カードランクとしては、以下の4段階があります。

ブラック

プラチナ

ゴールド

シルバー(一般)

上から順番にランクが高く、ステータスも高いカードになります。

ランクが高いほど審査基準が厳しく、年会費も高いので、高ランクのカードを持っていると社会的地位が高くてお金持ちというイメージがつくわけです。

また、カードランクはカードの色によってだいたい見分けが付くようになっています。なので、人前でシルバーのカードを出すのは恥ずかしい、それ以外のカードを出すとカッコいいと思ってしまうのも仕方ないのかもしれません。

オリコカードは、この4段階のなかでは一番下の「シルバー(一般)」にあたります。したがって、カードランクで言うとオリコカードのステータスは低いということになります。

系統で見ると中くらい

もう一つ、クレジットカードのステータスを判断する目安として、どんな機関が発行しているかという点があります。

クレジットカードを発行している機関の系統はいろいろありますが、ステータスの高い低いを判断しやすい系統として以下の4種類があります。

銀行系

信販系

流通系

消費者金融系

こちらも、一番上の銀行系が最も審査が厳しくてステータスが高く、一番下の消費者金融系が最も審査がゆるくてステータスが低くなります。

銀行系・信販系・消費者金融系のクレジットカードはどんなものかイメージしやすいかと思いますが、流通系のクレジットカードはピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんね。

流通系のクレジットカードとは、楽天やイオンなどの大型ショッピングモールやスーパーマーケットやコンビニなどの小売業者が発行するカードのことです。大手家電量販店が発行するカードも流通系に含まれます。

オリコカードはオリコという信販会社が発行しているカードなので、この4段階のなかでは2番目の信販系にあたります。なので、系統別に見るとステータスは悪くなく、中くらいと言えるでしょうか。

結論

オリコカードのステータスは系統別に見ると中くらいとは言えますが、高いとは言えません。

カードランクでいうと最低ランクなので、ステータスが高いか低いかとでいうと、低いと言わざるを得ません。

カードのステータスを気にするのは何故?オリコカードではダメなの?

ぶっちゃけステータスの低いオリコカードですが、では持たない方が良いカードということになるのでしょうか?

そもそも私たちがクレジットカードのステータスを気にするのはなぜなのかを考えてみましょう。

ステータスの意識は年齢層によって変わる

20代なら社会的地位はあまり気にならない人が多いので、クレジットカードのステータスも基本的には気にしない人が多いようです。

ただし、20代に特有の事情として、デートでレストランなどの支払いをするときに出してカッコいいカードかどうかは気になるところでしょう。

シルバー(一般)ランクのカードを出したために彼女から「ダサい」とか「恥ずかしい」などと言われたことがある人もいるはずです。

男性にとってはそんな彼女には文句のひとつも言いたくなりますが、恋愛の場面ではカッコよく振るまってほしいという女心も分からないわけではありません。

30代になると会社では部下もできて、恋愛では結婚を意識した交際になるでしょう。部下や結婚を意識した彼女の前でシルバー(一般)ランクのカードを出すと気後れしてしまう人も多いはずです。

40代ともなると、取引先の接待や商談などでクレジットカードを使う場面も増えてきます。そんなときにシルバー(一般)ランクのカードを出すと取引先の人に足元を見られてしまい、取引が不利になる恐れもあります。

50代以上はバブルを経験しているため、クレジットカードのステータスで人を判断するような人も少なからずいます。

時代によってもステータスの意識は変わる

バブルの時代には実際、クレジットカードがステータスのシンボルのような役割を果たしている面もありました。恋愛でもビジネスでも、ハイグレードなクレジットカードを出すと一目置かれたものです。

しかし、今の時代ではクレジットカードが普及して社会人なら誰でも1枚は持っている言っても過言ではありませんし、学生でも持っている人は多くいます。

スーパーやコンビニのレジでもクレジットカードを使う時代ですし、単なる支払い手段のひとつでしかなくなりつつあります。

今後はどんどんキャッシュレスが進みますから、この傾向はますます強まることでしょう。

つまり、今はバブル時代に比べてクレジットカードのステータス意識は弱まっていると言えるでしょう。

とはいえ、TPOはわきまえておきたい

クレジットカードのステータスなんてどうでもいい、実用性の方が大切だという意見にも一理はあります。

しかし、「私の前では見栄を張ってほしい」と思う女性もいますし、「大事な商談の席で安っぽいカードを使う相手とは取引したくない」というビジネスマンがいるのも事実です。

そんな人間心理を無視することはできないので、TPOはわきまえておきたいところです。

普段は実用的なカードを使っていたとしても、大切な場面ではそれなりのカードを使ったり、あえて現金で支払ったりするという処世術は身につけておいた方が身のためかもしれません。

ステータスの問題を踏まえて、オリコカードはあり?なし?

オリコカードのステータスは低い、TPOは大切、というお話をしたところで、ではオリコカードを持つのはありかなしかを判定していきます。

ステータスを気にしないならおすすめ!

取引先の人の前でクレジットカードを使う機会のない人や、彼女や奥さんもカードのステータスよりも実用性を重視する方であれば、ステータスを気にする必要はありません。

そんな方には、オリコカードはおすすめです。

年会費が永年無料ですし、持っていて損をすることはありません。

ポイント還元率は年会費永年無料のカードの中では最高水準の1%。オリコモール経由で買い物をすれば+0.5%なのでポイントがザクザク貯まるので、お財布に優しいカードです。

ステータスが気になる方にもおすすめ?

オリコカードの大きな特徴として、カードのデザインがカッコいいことがあげられます。黒色のシンプルなデザインなので、パッと見はまるでブラックカードのようなのです。

支払いのときにオリコカードを出したところ、「ブラックカードですか?」と言われたという口コミがたくさんあります。

クレジットカードに詳しい人には見抜かれてしまいますが、見た目のカッコ良さや高級感を装うならオリコカードはおすすめです。

ステータスを求める方にも実はおすすめ

ステータスの高いクレジットカードを作りたいと思っても、自由に作れるわけではありません。

今現在、社会的地位が高くてお金持ちの方はステータスの高いカードを作れば良いですが、ほとんどの方は最初はステータスの低いカードから使い始めて、やがてランクアップしていくものです。

ランクアップするためには、良いクレヒス(クレジットカードの利用履歴)を積み重ねることが大切です。

その点、オリコカードは年会費永年無料でありながらポイントが貯まりやすいため、使い勝手がとても良いのです。

使えば使うほどお得なカードであり、使っているうちにクレヒスが積み上がっていきます。

それから新たにステータスの高いカードに申し込めば、年収がさほど上がっていなくても審査に通る可能性が高くなります。

つまり、ステータスの高いカードを手に入れるために必要なステップとして、オリコカードはおすすめなのです。

まとめ

ステータスは低いと言わざるを得ないオリコカードですが、見た目の印象はブラックカード並みです。

将来的にステータスの高いカードを手に入れるためにも最適なので、若い世代の方には特におすすめの1枚です。

そんなオリコカードをあなたもゲットしてみませんか?

また、下のサイトでオリコカードについてさらに紹介しているので、見ておいて損はないと思いますよ。

マルクレ:https://maru-cre.com