Uncategorized

オリコカードの学生の限度額をぶっちゃけ解説!いくらまで使える?

学生にも作れる一般向けクレジットカードはいくつかありますが、そのなかでもオリコカードは発行数が多く、大人気の一枚です。

ただ、クレジットカードを選ぶときには限度額がいくらになるのかが気になりますよね。

「家電や家具などまとまった支出を払いたいので、限度額が気になる…」

「通学の定期券や帰省のチケットをカードで買いたいけど、限度額が足りるかな?」

「海外旅行や留学でカードが必要だけど、限度額が少ないと役に立たない!」

悩みは人それぞれですが、せっかく作ったクレジットカードがいくらまで使えるのかは誰でも気になるところです。

はたして、オリコカードの学生の限度額はいくらなのでしょうか?

一度決まった限度額を増額することはできるのか?

他に良いカードはあるのか?

この記事では、このような不安や疑問にお答えしていきます。

オリコカードを作るかどうか迷っている方は必見です!

オリコカードの学生の限度額はどれくらい?

まず、結論をはっきり言っちゃいます。

オリコカードを学生が作った場合の限度額は10~30万円の間で決められます。多くの人は10万円になります。

アルバイトでそれなりの収入がある場合は20万円になることもありますが、30万円になる人は多くはありません。

オリコカードそのものの限度額は300万円が上限なのですが、学生に限っては30万円までに限定されているのです。では、なぜ学生はここまで限定されているのでしょうか?

そもそも学生でもオリコカードが作れる理由

クレジットカードを作るためには、原則として安定した収入があることが条件となっています。そのため、定職に就いている社会人でなければ作れないクレジットカードもたくさんあります。

ということは、「なぜ学生は限定されているのか」というよりも「なぜ学生でもカードを作れるのか」を先に考えなければなりません。

学生には通常は安定した収入はありませんが、学生の多くは数年後には社会人になって安定した収入を生み出す人たちです。

クレジットカード会社にとっては学生を「将来の見込み客」ととらえて、学生のうちからカードを使ってもらって、就職後も自社のカードを利用してほしいという思惑があります。

すべてのクレジットカード会社がこのように考えているわけではなく、学生に積極的にカードを発行するかどうかはクレジットカード会社ごとの経営戦略によります。

オリコカードは申し込み資格として「18歳以上(ただし高校生は不可)」という制限しか設けておらず、年会費無料やポイントの高還元率という学生にうれしいシステムを導入しているので、学生に積極的にカードを発行する戦略の会社と言えるでしょう。

限度額はどうやって決まる?

クレジットカードの限度額は、一般的には申込者の収入を基本として、勤続年数や家賃の負担、家族構成や他社借入額など様々な経済事情を考慮して、「どれくらいまでなら利用しても返済できそうか」を判断して決められます。

ところが、オリコカードは収入ゼロ円の学生でも作れてしまいます。その理由は、本人の収入ではなく親の収入を見込んでいるからです。

ただし、親と契約するわけではなく、あくまでも学生本人と契約するわけですから高額の限度額を認めるわけにはいきません。その結果、多くの学生は限度額10万円程度になります。

アルバイト収入がそれなりにある学生だと限度額が20~30万円になる場合もありますが、学生のアルバイト収入は「安定収入」とは認められません。そのため、学生の限度額の上限は30万円とされているのです。

なお、学生起業家などで一般社会人並みかそれ以上の収入がある学生さんがもしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、その場合は学生ではなくあえて社会人として申し込めば高額の限度額が設定されるかもしれません。

もっと限度額の高いカードはないの?

オリコカードの学生の限度額は10~30万円と聞いて、ガッカリした方もいらっしゃるかもしれませんね。

では、もっと限度額の高いカードはないのかと言いますと、残念ながらありません。

オリコカード以外で学生に積極的にカードを発行しているライバルカードとしては楽天カード、三井住友VISAカード、エポスカード、その他にもいくつかありますが、どのカードも学生の限度額は10~30万円です。

裏技としては、別のクレジットカード会社に申し込んで何枚かのカードを持つという方法もありますが、あまりおすすめはできません。

学生は収入が不安定なために低い限度額しかもらえないわけですから、いくつものクレジットカード会社に申し込んでも審査で落とされるのが関の山です。

審査に落ちると、悪い記録としてクレヒス(クレジットカードの利用履歴)に残ってしまうので、社会人になってからのクレジットカードライフに不利になってしまうこともあります。

作るとしても2枚か、多くても3枚までにしておきましょう。

オリコカードの学生の限度額は増額できるの?

オリコカードを作ったとしても、限度額が10万円では足りないという方も多いでしょう。では、いったん決められた限度額を増額することはできるのでしょうか?

増額を希望する前に考えるべきこと

限度額を増額したい気持ちは十分にわかりますが、その前に考えるべきことがあるように思います。

10万円の限度額が20万円にアップしたとして、限度額一杯まで利用すれば20万円を返済しないといけなくなります。

当たり前のことですが、20万円を返済できる十分な見込みがない限りは限度額を増額するのは危険です。

クレジットカードには分割払いやリボ払いもありますが、これらを利用すると手数料が加算されます。実質的には借金をしたのと同じことになります。

学生のうちはアルバイトを頑張ったとしてもボーナスなどはありませんから、できる限り毎月一括払いで支払える範囲の利用にとどめておくのが基本になります。

少しお説教臭くなりましたが、増額を考えるときには支払えるかどうかということもセットで忘れないようにしましょう。

限度額を増額する方法

なぜお説教じみたお話をわざわざしたのかと言いますと、学生の限度額の増額は基本的に難しいという現実もあるからです。

オリコカードに限らず、楽天カードや三井住友VISAカード、エポスカードなどのライバルカードでも学生の限度額の増額には厳しいです。

それでも、増額が不可能というわけではありません。増額する方法は、一般的に増額に有効と言われていることを真面目にコツコツとやるのが一番です。裏技はありません。

具体的には、「クレヒスを積み上げること」「延滞しないこと」「収入を上げること」です。

クレヒスというのはクレジットカードの利用履歴のことです。クレジットカードを継続的に利用して、延滞なく支払いを続けていれば、「優良なお客さん」と認定されて増額が認められやすくなります。

社会人であればカードを使い続けているだけでカード会社の方から限度額を増額してくることもあるのですが、学生のうちはそこまでは期待しない方が良いでしょう。

それでも、コツコツ利用することで確実に増額できる可能性は高まります。クレヒスを積んでおくことで、社会人になってから周りの人たちよりも良いカードを持てることにもつながります。

延滞しないというのはクレジットカードを利用する上で当然のことです。延滞があると学生のうちの増額は不可能になると考えておきましょう。

収入については、高い方が増額の可能性が高まるのは当然なのですが、学業に支障をきたすほどアルバイトに明け暮れることはおすすめできません。

学生の限度額は低いもののメリットいっぱいのオリコカード

限度額が低いとはいっても、学生が作れるクレジットカードのなかでオリコカードの限度額は最高水準です。その他にも、オリコカードにはうれしいメリットがいっぱいあります。

年会費無料なのにポイント還元率が高い

オリコカードは年会費が永年無料です。これは学生さんにとっては外せないメリットですね。

年会費永年無料のカードは他にもありますが、オリコカードはそのなかでもポイント還元率が最高水準なのです。

基本は1%(100円につき1p)ですが、入会後6ヶ月は2%です。さらに、オリコモールという会員専用サイト経由で買い物等をすれば+0.5pになります。

オリコモールは楽天市場やAmazon、じゃらんをはじめとしてネットショッピングやネットサービスで一般の人が利用するショップはだいたい網羅しているので、お得に買い物等を楽しむことができます。

また、学生さんなら通学定期券をカードで購入したり、携帯やスマホの料金をカードで支払うのもおすすめです。一人暮らしの学生さんなら水道光熱費や家賃の支払いもカード払いにすると良いでしょう。

このようにすることでポイントがどんどん貯まる上に、固定費を毎月カードで支払うと前述したクレヒスがどんどん積み重なるので、限度額を増額できる可能性も高まっていきます。

電子マネー決済ができる

オリコカードなら、iD(アイディ)とQUICPay(クイックペイ)を利用できます。チャージ不要で後払い方式で利用できる上に、1%のポイントが付きます。

これならコンビニやスーパーのレジでも、電車やバスに乗るときも気軽にオリコカードを利用できるので、ポイントとクレヒスがどんどん積み上がっていきますね。

最後にひと言

オリコカードは、学生でも作れる年会費無料のクレジットカードのなかで限度額だけじゃなくお得さと便利さも最高水準です。初めてクレジットカードを手にする学生さんなら、おそらく驚かれることと思います。

ですが、くれぐれも使いすぎには注意しましょう。使えば使うほどお得になるので、使っているうちに10万円の限度額はいっぱいになってしまうかもしれません。それでも延滞は御法度です。

限度額が10万円では足りないからといって、収入などを偽って増額申請をするのはもっと御法度です。

延滞や虚偽申告をするとカードの利用停止や強制解約にもなりかねません。そうなってしまうと、将来的にもクレジットカードの利用に様々な制限がかかってしまいます。

学生の限度額の審査が厳しいのは、学生さんのことを思ってのことでもあります。

学生のうちにクレジットカードを利用するのは、将来のクレジットカードライフの練習くらいの気持ちでいるほうが良いでしょう。

オリコカードについてもっと知りたいって思った方は、こちらのサイトもご参考ください。

マルクレ:https://maru-cre.com

まとめ

いろんなお話しをしてしまいましたが、オリコカードは学生さんもウェルカムで、作りやすく使いやすいカードであることは間違いありません。

なので、最初に作るクレジットカードとしておすすめの一枚でもあります。